指先→脳=心

イライラしたり、キレやすかったり

根気がない子どもが増えているといわれています。

指先の調整能力からきている・・・という説もあります。

手先が器用になると

自立して自分でできるようになるので

心がイライラせず穏やかになるそうです。

 

思いを言葉で表すことができなかった小さな子どもが

上手におしゃべりし始めた時も同じですよね。

 

うさぎ組では以前からひも通しをしています。

その成果なのかどうかは定かではありませんが

みんな衣服の着脱がとても上手です♪

そろそろ、りす組にも経験させてあげようと考えています。

うさぎ組と同じ道具だと小さすぎて危険なので

りす組の子どもたちが安全に楽しめるように工夫して

落ち着いて、集中して取り組む活動も

時にはいいのではないでしょうか。

 

自分でできることで自信が生まれ

気持ちが前向きになる

気持ちに余裕が出てくる

指先を使うことによって脳を刺激する。

脳=心ですね。