うさぎ組のアルバム

大きな手作り積み木を高く積み上げて

倒れないようにそおっとくぐったり

転ばないように慎重に歩いたり

大きなおもちゃを使った遊びは

ダイナミックな動きになり

とても盛り上がります。

 

白いテープの上を歩いているのは

“線上歩行“

子どもは線の上を歩くのがとても好きです。

*車道と歩道の境界の白線の上を歩く。

*駐車場に書かれた数字の上を歩く。

*畳のへりの上を歩く。

*花壇の境界のレンガの上を歩く。

など、子どもは線があるとそれに沿って歩きたがりませんか?

そうすることによって、自然に平衡感覚を身につけているのです。

 

うさぎ組の担任の愛子先生が夏休みで帰省中

もう一人の担任の鈴木先生が必死に保育していたのですが

時には子どもたちが話を聞かなかったりと悪戦苦闘・・・

そんな時にふらっとお邪魔して

何気なく床にビニールテープを貼り

『はみ出さないように、ゆっくり歩いてみるよ!』とやってみると

すぐに興味を持って歩いていました。

 

最後の写真はもっと寝たい二人(*^_^*)

一度はお昼寝から目覚めたものの

やっぱりまだまだ眠いみたいでした。