はたらくお母さん

先日、保護者の方が働いていらっしゃるお店で食事をしました。

お店に入ると素敵な笑顔で迎えてくださり、席まで案内していただきました。

テキパキと働く姿はとても輝いていました(^^)


一緒に行った鈴木先生は送迎時の「お母さん」の顔しか知らないので、とても新鮮に思えたことでしょう。
私は保護者の皆さまと同じく働く母なので、若い保育士たちより少しだけ、働く母のことは現実的に受け止めることができます。

しかし、若い保育士は、子どもを園に預けたあとの、働く保護者の方々の現実が想像しにくいかもしれません。

 

自分たち保育士も社会のために働く社会人であり、それと同じく○○ちゃんや○○くんのお父さんお母さんも日々社会で働いていらっしゃるのだと、改めて認識してもらいたいものです。