実りの秋

ついこの間まで、汗をかくほどの暑さだったのに

気づいたら秋ですね。

ブログも気づけば一ヶ月更新していませんでした(^^ゞ

 

ようやく秋らしくなったと思っていたのに

昨日は立冬でした。

冬の足音が近づくころです。

朝夕は暖房が恋しくなるくらいの寒さになってきましたが

保育園の子どもたちは元気いっぱい!!

毎日外に出かけ

石神井公園の秋を存分に楽しんでいます。

 

もちろん、戸外遊びだけではなく

室内遊びもますます充実(進化?)しています。

ブロックはさらに大作にチャレンジ。

おままごと遊びの赤ちゃん人形の扱いも慣れたもので

ミルクを飲ませたあとはしっかりゲップをさせています。

 

秋になり作物が実るのと同じように

子どもたちもどんどん実ってきています。

心身ともに、その成長を毎日感じさせてくれます。

 

心が成長してくるということは

感受性がますます高まってくるということです。

毎日のささいなできごとでも

小さな心でしっかりと、敏感に受け止めています。

どんな小さな変化でも

子どもたちの心は敏感です。

子どもたちに負けない敏感な感性で

いつでも子どもたちの思いを受け止めたいです。

思いを受け止めて安心感を与えることが

私たちの一番大事な役割だと思っています。

 

インフルエンザやお腹の風邪が流行する季節です。

規則的な生活を心がけ、予防しましょう。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1