ささやかだけれど、大きな幸せ

担任が読み聞かせをしている絵本を見ている

子どもたちの笑顔を見るのが好きです。

担任の後ろ側にこっそり立って

笑ったり

おどろいたり

時には眉間にシワを寄せたりしている

可愛い顔の子どもたち

そんな子どもたちを見ているだけで

心があったかくなり

目頭が熱くなり

とても幸せな気持ちになります。

 

保護者の方々が毎日書いてくださる

連絡帳を読んで

同じような気持ちになることがあります。

 

1歳児のRくんは

帰宅後、飼っているメダカに

お母さんと一緒に”ごはん”をあげるそうです。

母と子の、大切な時間ですね。

 

同じく1歳児のTくん

最近のお気に入りの絵本があり

その絵本の中でも

とくにお気に入りのページがあるそうです。

そして、

そのページにくると

必ずニッコリしながら

お母さんの顔を見るのだそう。

お母さんはこの瞬間が見たくて

「疲れたときにはこの絵本を読みたくなります。」

こんな風に書いてありました。

 

家庭での親子のエピソードを読んで

とても幸せな気持ちになりました。